Beacon SDK for Android 使用許諾契約書

重要-以下の使用許諾契約書(以下「本契約書」といいます)を注意してお読みください。アビダルマ株式会社(以下「アビダルマ」といいます)は、お客様(個人か法人かを問わず、以下「お客様」といいます)に対して、お客様がアビダルマまたはアビダルマに対して使用許諾をしている第三者(以下「原許諾者」といいます)のプログラム(ソースコードを含む)および文書類(以下総称して「本ソフトウェア」といいます)を入手し、かつ、本契約書に記載されたすべての条項を承諾することを条件に、本ソフトウェアの使用を許諾します。本ソフトウェアにアクセスし、これをインストールまたはご使用になる前に、本契約書の条項を注意してお読みください。本ソフトウェアにアクセスし、あるいはこれをインストールまたはご使用になることによって、お客様は本契約書の条項に拘束されることに承諾されたものとします。本契約書の条項に同意されない場合、お客様は、本ソフトウェアにアクセスし、あるいはこれをインストールまたは使用することはできません。
本ソフトウェアは、著作権法をはじめ、知的財産権に関する諸法および諸条約により保護されています。また、本ソフトウェアは、本契約書に基づいて使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。また、本ソフトウェアの一部には、Apache License Version 2.0等他の使用条件のソースコードを含む場合があります。ソースコードのヘッダ等に、それらの使用条件が明示されていない場合は本契約書が優先的に適用されます。

使用許諾条項

第1条(許諾される権利)
1. お客様は、本契約書の条項を遵守することを条件に、本ソフトウェアが(i)ソースコードとして提供された場合は複製あるいは改変等によって、(ii)ライブラリ(以下「バイナリ」といいます)として提供された場合は静的リンクすることによって、アプリケーションソフトウェア(以下「二次的著作物」といいます)を作成し、これを頒布する再許諾不能の非独占的な使用権を付与されるものとします。
2. お客様は、本ソフトウェアのみ、あるいはその一部を単独で頒布してはならず、また、再許諾し、賃貸し、リースし、譲渡し、またはホスティングサービスで提供することはできません。なお、二次的著作物に関しては商用および非商用に関わらず頒布することができます。
3. 本第1条で明確に許諾されていない権利は、すべてアビダルマが留保します。アビダルマと原許諾者は、本ソフトウェアおよびこれに関する知的財産について、すべての権利、権原および利益を留保します。本ソフトウェアの構造、シーケンス、構成およびコードは、アビダルマ又は原許諾者の重要な著作物であり、著作権法により保護されるものです。

第2条(制限事項)
1. お客様が、本ソフトウェアに含まれるバイナリに対し、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等の分析、解析行為をすることを禁止します。
2. お客様は、本ソフトウェアをご使用になったことにより、ご感想、ご意見、ご提案または改善案をお持ちになった場合には、アビダルマに提供することに同意するものとします。お客様は、アビダルマが、本項に基づいてお客様から提供された情報を、お客様に対する何らの義務や支払責任を負うことなく、製品サポートや製品開発を含むアビダルマの事業目的のために使用できることに同意するものとします。
3. 本契約書は、お客様に対してアビダルマの商標やサービスマークに関する権利を許諾するものではありません。
4. お客様が本契約書のいずれかの条項に違反した場合には、本契約書は、アビダルマの権利や救済を受ける利益を損なうことなく、自動的に終了します。その場合、お客様は直ちに本ソフトウェアを複製物を含めてすべて破棄するとともに、その使用を中止しなければなりません。

第3条(免責)
法律によって許される最大限の範囲内で、アビダルマおよび原許諾者は本ソフトウェアをそこに存在する不具合も含めて現状有姿で提供するものであり、本ソフトウェアについて、権原があること、第三者の権利に対する非侵害、品質、商業性、特定の目的への適合性、正確性、完全性、不具合および過失の不存在、専門的対処あるいは添付書類に記載されたとおりに稼動すること等に関して、明示であれ黙示であれ、法律に定められているか否かを問わず、いかなる保証もしません。本ソフトウェア又は二次的著作物の使用または稼動によって発生するすべての危険は、お客様の負担とします。また、アビダルマは、アビダルマ以外の第三者のソフトウェア製品またはハードウェア製品により、またはこれに関連して発生したいかなる損害もしくは不利益についても一切責任を負いません。

第4条(責任の制限)
法律によって許される最大限の範囲内で、いかなる場合にも、アビダルマは、売上、利益またはデータの喪失、あるいは特別、間接的、付随的、偶発的もしくは懲罰的な損害について、本ソフトウェア又は二次的著作物の使用または使用不能から発生したものであっても、その法的な理由付けのいかんに関わらず、一切責任を負いません。たとえ、アビダルマがそのような損害が起こる可能性について事前に知りうる状況にあった場合でも同様です。また、いかなる場合でも、アビダルマがお客様に負担する責任は、契約上の責任か不法行為上の責任(過失に基づく場合も含む)その他の法的責任かを問わず、お客様が実際に本ソフトウェアについてお支払になった使用料を超えません。本第4条の責任の制限は、救済手段がその実質的な目的を達することができなかったとしても、適用されます。

第5条(輸出規制)
本ソフトウェアおよびそこに含まれる技術データは、日本国の輸出規制法規の適用対象となることがあります。また、諸外国における輸出また輸入に関する規制法規の対象となることもあります。お客様はこれらのすべての法規を遵守することに同意するものとします。

第6条(準拠法)
本契約書およびこれに関するすべての紛争については、日本法が準拠法として適用されます。法例等による適用法の選択に関する定めは適用されません。本契約書または本ソフトウェアに関連するすべての紛争は、社団法人日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に従って、仲裁により最終的に解決されるものとします。この場合において、仲裁地は東京とし、仲裁人によりなされた判断は最終的なものとして当事者を拘束するものとします。

第7条(残存条項の有効性)
もし本契約書に定めるいずれかの条項が法令違反、無効またはその他の理由で法的に効力が認められない場合であっても、かかる条項の存在は本契約書のその他の条項の効力に何らの影響も与えるものではありません。かかる条項は適用されないか、あるいは法律上必要な範囲で変更されるものとします。

第8条(完全合意)
本契約書は、お客様とアビダルマとの間の本ソフトウェアに関する完全な合意であり、本契約書に定める事項に関して本契約書の効力発生以前になされたすべての口頭または書面による合意、連絡、提案および表明に取って代わるものです。本契約書は、アビダルマの正当な代表者により署名された書面によらない限り、変更することができません。


                     前のページに戻る

(ABSDK-1-20141111-1)